So-net無料ブログ作成
ゲーム(MOO2) ブログトップ

アンタレス海戦 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 
 艦隊戦力を建て直し、戦艦28隻にまで再建しました。
 ノーラム艦隊も1隻増えて、戦艦2隻と駆逐艦1隻。 

 艦隊をクライスロン星系に集結させてから、ノーラム最後の星系、シクーへと出撃します。

 WS000555.JPG
 
 

つづき


タグ:MOO2

46隻対11隻の決戦 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。

 とりあえず時間を稼いでこちらの戦力を充実させます。
 ノーラム艦隊を見ると、<アヴェンジャー>が加わった以外に戦艦が10隻に減っている。オリオン戦で3隻やられたらしい。
 ノーラムの植民地は残りわずかで、これ以上はそう戦力は増えまい。

 ランダムイベントで恒星エキューが新星爆発を起こし、エキュー系のこちらのコロニーが全滅した。
 科学者がずっと警告していたのに、対処してなかった。と言うか長年プレイしてて、対処の仕方を初めて知りました。(それまではなんとなくで回避できてた。)
 かなり有力な星系だったのに。

 WS000540.JPG

 

 

つづき


タグ:MOO2

オリオンの亡霊 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 
 各惑星の工業をフル稼働で艦隊の建造を進めているけど、ノーラム主力を打ち破るにはそれなりの数が必要だ。
 その間こちらには、ノーラム艦隊に対抗する術がない。

 

 

つづき


タグ:MOO2

ウルザ系海戦 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。

 ゲームも終盤にかかったと見て、ノーラムをねじ伏せるべく艦隊を送り込みます。
 ノーラム母星系、ノール。
 多数の恒星系にまたがる帝国となったノーラムが、母星ひとつを失ったところでそうそう戦意を失いはしないでしょうが、弱体化することは間違いないです。

 あれっ、さっきまでいたノーラム艦隊主力がいない…
 防備はわずか戦艦1隻のみ。他はどこ行った。
 とにかく攻撃を行います。ノーラム母星を爆撃し占領。

 WS000516.JPG


 
 銀河画面に戻ると、いた。ノーラム艦隊は、こちらの重要星系のひとつウルザへと向かっていました。到着まであと1ターン。

 

 

つづき


タグ:MOO2

対ノーラム戦争 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 
 打倒オリオンガーディアンを狙って、損害を受けた艦隊の補充と、兵器技術の開発を進めます。
 プラズマキャノン、クラスVシールド、分子破壊砲、超空間通信。
 各技術のアプリケーション選択の引きはまず順調。
 
 ライバル種族のスパイに技術をちょろちょろ盗まれますが…ダーロックの仕業かな?
 ノーラムに技術が流れるとやっかいだ。

 

 WS000512.JPG

 「警告にも関わらず、貴国は我々の技術を盗み続けた。
 海より広い我らの心も、ここらが我慢の限界だ。」

 ノーラムに宣戦布告されました。濡れ衣だー!
 
 
 と言ってもノーラムはダーロックとも戦争をしているようで、すぐにこっちに襲い掛かってくる様子はなし。
 しかしノーラムの艦隊戦力はなかなか充実してきており、のんびりもしていられない。
 こちらから、ノーラムと共有していたエキュー星系にて戦端を開きます。

 

 こちらは艦隊主力を投入し、戦艦14隻。
 ノーラムは戦艦2隻にスターベースと迎撃機隊。
 連中の兵器は、重力子砲にパルゾンミサイル、クラスIIIシールド、アダマンティウム装甲。
 装甲だけはうちらも知らない高度なものですが、後は普及品レベル。数も少ないし問題にはならんでしょ。 

 WS000513.JPG
 
 もちろん勝って植民惑星を焦土にしましたが、こちらも戦艦1隻がやられました。
 敵艦の鹵獲を試みたこちらの戦術もまずかったけど、あっぱれな敢闘と恐るべき防御性能です。
 これは、敵の主力と当たるときには注意しなければ。

 


 


タグ:MOO2

オリオン侵攻 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。 

 ヤディス系にアンタレスが襲来した。
 今度はフリゲート3隻からなる艦隊だ。
 でもこちらも艦隊をヤディスに集結させて無事撃退。
 なにせ戦艦だけでも12隻いるのだ。

 さて、各植民地の発展も進み、戦艦を10ターン程度で建造できる惑星もちらほらでてきました。
 でも、超空間通信等の管制技術の制約があって、これ以上艦隊を増強するのはバランスを欠いてしまいます。
 あとは個艦性能を上げられればいいんですけど、こちらもこれと言った新技術がない。
 ふーむ。

 WS000498.JPG

 お手軽に超技術を得られる手がひとつあります。古代文明の眠るオリオン系に行けばいいのです。
 侵入者を問答無用で攻撃してくるガーディアンが居座っていますけど… そろそろなんとかなるんじゃないかな?

 作戦を発動します。

 

 

つづき


タグ:MOO2

OCCとかできるのかしらん [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 こちらにとっては平和な時代です。
 
 アンタレスがイェン系に襲来してきたけど、またフリゲート1隻だけだったので特に慌てることもなく撃退。

 この頃ルシャンがノーラムに、ヒューマンがダーロックに滅ぼされています。
 ヒューマンはいきなり滅んだのに驚いた。ダーロックはステルス特性を持っているので艦隊の動きが見えないのか。
 たまたま近くにコロニー船がいたので、間髪要れずヒューマンの元母星ソルに入植成功。これはいい星だ。 

 WS000487.JPG

 ちらっと会ってみたら、ダーロックが気候制御を欲しがってた。
 どうせ盗まれるんだから、重要な技術であるスペースポートと交換してあげました。
 それにブルラシにも、ロボマイナーと交換。これで生産力と収入が大きく増やせるぞ。

 さてこれでライバルは、勢力的に大きい銀河反対側のノーラム、技術的を盗みまくっている謀略種族ダーロック、それにぽぷー版図に隣接しているブルラシの3種族に絞られました。

 WS000488.JPG

 ノーラムの艦隊戦力評価がぐんぐん上がっていき…

 今度はブルラシを滅ぼした。なんて血の気の多い。

 

 


タグ:MOO2

セーガン防衛戦 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 輸送艦の増援が届いたところでサクラの最後の星系を攻略、サクラは滅亡した。
 生き残った住民はそのままぽぷーに併合。

 戦争もひと段落したことだし、科学研究と各植民地の発展、それに艦隊軍備の増強に取り組みます。
 どれも大切なんだけどいっぺんにできないのが悩ましいところ。
 

 

つづき


タグ:MOO2

対サクラ戦争継続中 [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。 
 輸送艦が到着したので、ヤディス系への攻撃を開始します。
 こちらの戦力は戦艦2、巡洋艦1。
 兵装はレーザーキャノン装備の艦載迎撃機とパルゾンミサイル。

 

 

つづき


タグ:MOO2

マスターオブオリオン2 [ゲーム(MOO2)]

 久しぶりに『Master of Orion II』を引っ張り出して遊んでます。
 15年くらい前の恒星間戦略級ゲームの傑作なのです。


 
 難易度「困難」、銀河サイズ「小」、種族数「8」、資源「平均」、技術段階「ワープ以前」。
 自分は機械化種族メクラーで、住処に困らない「地中棲」、あとは技術をランダムにしか選択できない「非創造的」特性を選択。

 

 母星は銀河南西端の「ぽぷー」系。
 探査船団で見つけた惑星に移民船を派遣して、版図を拡張していきます。

 ご近所の高重種族ブルラシと諜報種族ダーロック、それに外交種族ヒューマン、商業種族ノーラムとはそれなりに平和な関係です。
 まあいくら仲がよくてもいきなり戦争が始まるのがこの頃のゲームではあるんですけど。
 珪素系種族リシコイドは外交不能、ダーロックに真っ先に滅ぼされていました。

 ぽぷー版図のすぐ北の多産種族サクラと銀河の反対側の猛虎種属ルシャンは、外交不能というわけでもないのに全く相手にしてもらえず。サクラは程なくして母星系ぽぷーへと戦艦を派遣してきました。

 

 ぽぷー系には2つの居住惑星がありますが、サクラ艦は植民惑星ではなく母星のほうを襲ってきました。
 まだ艦隊も充分な防衛施設もない段階、しかし母星の軌道はスターベースで守られており、サクラの戦艦の武装もまだ貧弱。
 同等レベルの技術力でなら戦艦1隻ではスターベースに敵うものではなく、撃破に成功しました。


 「非創造的」特性だと何の技術を開発するかが選べないので、通常であれば必須とされそうな技術が利用できないことも珍しくありません。
 しかし今回は運に恵まれ、かなり有用な技術を取得できています。
 特に「クラスIIIシールド」はどの種族も持っていない艦載防御兵器。これがあれば中盤までなら艦がかなり撃たれ強くなります。
 戦争中である以上軍備に力を割いて惑星防衛と艦隊整備を進めます。
 植民惑星ダバンがサクラ艦隊に焼き滅ぼされたりしましたけどリセットでなかったことに。えう。


 さて、大型艦の建造には長い時間が必要ですが、我らが艦隊にもついに2隻の有力艦が配備されました。
 戦艦級迎撃機母艦<ピロラオス>と、その小型版の巡洋艦級迎撃機母艦<アリスタルコス>。
 主力兵器は艦載機です。機載のビーム砲は未だにレーザーキャノンですが、近接しての集中射撃には充分な威力があるはず。
 さっそく2隻をサクラ版図南端のヤディス系へと派遣します。

 
 ヤディス系には居住惑星が4つあり、防備もそこそこされています。
 サクラは戦艦1隻の増援を待ってから、プラス巡洋艦数隻を以って、星系を封鎖していたこちらの艦隊に挑んできました。
 巡洋艦は迎撃機の前に簡単に撃沈できましたが、戦艦が手強い。
 分厚いクラスIIIシールドも敵の熱核ビーム砲にひどく叩かれ、負荷のかかった面を敵に向けないように機動しつつなんとか耐えます。
 その間にこちらの迎撃機が少しずつダメージを与え、やっとこさ撃破。

 

 この戦いの後、こちらにも増援が加わりました。
 戦艦級ミサイル艦<プラトンII>、パルゾンミサイルと対地核爆弾を積んだ強力な艦です。
 それに惑星強襲用兵員輸送艦が4隻。
 ヤディス系の植民惑星に対する攻撃を開始します。

 WS000458.JPG

 白字がぽぷー植民地、緑はサクラです。

 

 


タグ:MOO2

ときどき描画が崩れる… [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 ノーラムとの戦力差、技術力差はまったく縮まる気配がない。ヒューマンから技術を得られないか期待していたのにそれもかなわずヒューマンは滅んでしまいそうだ。
 予定変更。ヒューマンと停戦し、艦隊を銀河中心星域へと向かわせる。ノーラムに先を越されてはいけない。
 戦艦27隻。超技術がいまだ生きている、オリオン星系へと挑みます。

つづきをみる


まけるー [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 サクラを滅ぼした頃まではなんて楽勝ペースなんだと思ってたですが、今はどうも勝てない気でいっぱいです。w

 アンタレスは容赦なくこちらのコロニーを破壊して回り、こっちは艦隊温存でなすすべなし。巡洋艦クラスが相手では手が出ません。

つづきをみる


かぼちゃかわいい [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。
 あんぎゃー。アンタレスのばかー。
 ウルナ系での総力を結した戦いで鎧袖一触、ぽぷち艦隊全滅。ウルナⅡコロニーは破壊された。
 サクラを滅ぼし、ブルラシがノーラムに滅ぼされ、そしてまたもやアンタレス艦隊出現。母星系ぽぷちまであと5ターン。
 艦隊は再編中で個艦性能もウルナ戦前とほとんど同じ。勝ち目はない。隣の星系へ退避させ、アンタレスがぽぷちⅠ、Ⅱ、Ⅲのコロニーのほうを襲ってくれることを祈る。
 母星ぽぷちⅤ、軌道上からの爆撃により死滅。

 よく見ると、ノーラムやヒューマンは、ゾートリウム装甲だの超弩級艦だのいろいろ持ってる。
 こっちはぺらぺらのチタニウム装甲。ひどい。
 全スパイをヒューマン領へ投入し、何かもらってきてくれないか期待しよう…。
 

 


805パワーでした [ゲーム(MOO2)]

 『MOO2』。

 銀河北方の2種族、サクラ、ダーロックと接触。5星系を擁する大国サクラは意思疎通がほとんど不可能な「異質」特性でした。あと、まだ直接は会っていないけどエレリアンがいるらしい。

 この頃、ヒューマンやサクラ、ルシャンのスパイによる技術漏洩が頻発。
 アンクリエイティブ特性のうちらから盗っていく物があんのかって感じですけど、こっちも防諜の強化に努める。

つづきをみる


あきずに [ゲーム(MOO2)]

 そんなこんなで『Master of Orion II』。
 今度はまじめにやります。お隣さんがいい人でありさえすればですけど。
 
 難易度「難しい」、銀河サイズ「中」、種族数「8」、その他標準。
 種族特性は、数値的なものは標準にして、「大きな母星」「資源豊かな母星」「創造性に欠ける」「幸運」「戦将」「大商人」。
 あ、あと縛りで、熱核ビームより上の艦載ビーム主砲は禁止。ステラーコンヴァーターは可。近接防御火器も可。
 
 ゲームスタート。

つづきをみる


ゲーム(MOO2) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。