So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム(俺屍・9周目) ブログトップ

朱点戦 [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 1030年8月。
 討伐隊選考試合。

 今回から最高ランクの参加チームらが登場します。
 中でも「阿部晴明社中」は文句なしの強敵で、旧版でのプレイでは最後まで一本勝ちを取れないままクリアしたことのほうが多かったくらいです。

   

 oreshika_0037.jpeg

 <梵ピン>や奥義を連発するこちらに対し、「晴明」は<太照天>まで使ってきました。
 もうお前が朱点倒してくれよ。
 ただこちらも髪戦で時間がかかっただけあって、かなり強くなっています。一本!

 あ。清明しゃべった。
 ってか何だお前。そんなツラだとは思わなかった。
 審判の人みたいなのを想像してた。

 

 

つづきをみる


タグ:俺屍

髪がみ [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 1029年7月。九重楼へ。
 11代目の仇、「六ツ髪」戦!

 こいつは旧作とは違い、<萌子>で強化して積極的に殴ってくることが、先の敗戦でわかりました。
 今作には敵味方の強化を全てキャンセルする<清水>の術があるので、これを使います。
 同時にこちらの強化も意味がなくなるので、ダメージソースとして<花乱火>の併せを用いる作戦です。

 

 oreshika_0002.jpeg

 初手、「髪」。<萌子>で強化。
 隊長「穂ノ景」、<花乱火>の併せを開始。
 「髪」の攻撃、後列に450打撃。「穂ノ景」残り体力40点。
 <花乱火>、3人併せて効果6倍、800打撃。
 「髪」の術<萌子>。
 次の「穂ノ景」の手番で打ち消さないといけないと思ったら、その前に「髪」の攻撃。「穂ノ景」轟沈。

 敗走。

 

 

つづきをみる


タグ:俺屍

舞い首いやー [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 ずいぶん間が空いています。自分の『俺屍』プレイでは珍しくないことです。
 PSPで『俺屍』の間が空く直接的な最大の理由は、子の命名。
 まずたいてい、命名画面のままずっとスリープしています。

 

 DVC00179.JPG

 今回は、先日のオフ会でうちの「刀(かたな)」が、他家の「綾人」様との間に授かった子の命名でした。
 サイコロによると名は2文字。姉の名が「忍(しのぶ)」なので、「忍」を含んだ2文字の女性名。むむむ。


 オフ会では、以前からやってみたかったプロジェクターでのわいわいプレイを試してみました。
 リアルニコ動プレイ実況みたいなもんです。

 自分もひと月やらせてもらいました。
 ちょうど相翼院に髪を切りに行くところです。
 「二ツ髪強いよ?」と、ももさん。えー。どうしよう。

 

 

つづきをみる


タグ:俺屍

人(じん) [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 oreshika_0037.jpeg

 当主様の席が、液晶ディスプレイ付きになりました。

 

         *

 

 当家には、特注で作られた剣が2振りありました。

 ひとつは『ホタル』。5代目当主「名河」の時代に作られたひと振り。
 銘の由来は大昔の女剣士で、9代目当主「良二」に引き継がれました。

 もうひと振りは、「良二」と「苗場白雪姫」の子「良詩子」のために作られた剣『星霜』。
 その刃は霧に濡れた光を持ち、水の技を以って用いれば切れ味が倍化するとされています。


 

つづきをみる


タグ:俺屍

しっかりモードってこんなに手強かったっけ? [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 大ボスさんたちに挑む頃合いです。
 「養老水」「万金露」が不足しているのが気がかりで、「祝いの鈴」「時登りの笛」も少なし。
 選考試合でもなかなか手に入りません。

 

 oreshika_0002.jpeg

 「九尾吊りお紺」戦。
 「お紺」さんの攻撃を奥義『信燕返し』で打ち返していなかったらやられてた。

 

 oreshika_0005.jpeg

 「天魔大将」の術<雷獅子>を2発食らい、3人やられました。
 「引波の御守」で離脱、幸い全員生存。
 これで「養老水」の手持ちが尽きた。

 

つづきをみる


タグ:俺屍

しのちゅう [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 

 oreshika_0026.jpeg

 この人は、何でもないときでも「防御」ばかり進言してきます。こんなやつ初めてだ。

 

 

つづきをみる


タグ:俺屍

敵が後列に<花乱火>撃ってきやがる [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 1021年1月。
 大江山の鬼朱点をからくも打倒し、後半戦へと突入しました。

 oreshika_0075s.jpeg

 厳しい事実を突きつけられた一族と、主神「太照天 昼子」の心境やいかに。

 

 

つづきをみる


タグ:俺屍

大江山 [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』。

 1020年10月
 今年も残り3ヶ月。来月には大江山が開きます。
 二日間考えて、年末までの予定を決めました。
 まず今月は交神の儀。「実名(みな)」が「三ツ星 凶太」と。

 11月、12月は続けて大江山へと入ります。
 初陣が二人いるので11月はいったん帰還。
 できれば11月中に仁王門を破れればと考えていましたが、時間が足りませんでした。 

 

 12月。
 今月だけでボス3連戦だ。急ごう。
 仁王門「仁王」戦。

 

 

つづきをみる


タグ:俺屍

だるまさんは子猫ちゃんが好き [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』ちょこちょこプレイちゅー。

 初代当主が大江山で戦死。
 そしてさらに次女「史也(ふみや)」が、中ボス「稲荷ノ弧次郎」の二回連続行動を受けて倒れた。
 享年1歳0ヶ月。
 前の月に「恨み足」に勝利したので甘く見てました。申し訳ない。

 

 そして悲しみは他にも。

 oreshika_0007.jpeg

 最初の中ボス「七天斎八起」、まさかの一発解放。
 後半戦に入ってからの<七天爆>を見ることはもはやない。

 

 

つづきをみる


俺の屍を越えてゆけ [ゲーム(俺屍・9周目)]

 『俺屍』9周目プレイ、始めるよー。

 もちろん今度はPSP版です。

 最初とは言っても一応8周も遊んでいるゲームではあるので、プレイが単調になるのを避けるためいつもの通り縛りというか自分ルールを入れます。いつもよりはちょっとゆるめです。

 大きな方向性としては、「有利な効率プレイをひたすら追求することがないように」「各人ひとりひとりの意見を尊重する」といったところ。
 ダイスは「君は何がしたい?」「どの神様が好き?」っていうのをその人に答えてもらうのに使うわけです。

 「しっかり」モード、ノーリセット

 

 

つづきをみる


ゲーム(俺屍・9周目) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。