So-net無料ブログ作成

城山かたくりの里 [おでかけ]

 今回は、城山かたくりの里に行ってきました。

 かたくりの里はこの時期だけ公開される花の公園で、その名の通りカタクリの大群落が楽しめます。
 ピークは既に過ぎつつあるようですが、まだまだ見ごろは続いています… 天気さえ良ければですけれど。

 

 IMG_4800s.jpg

 ヒカゲツツジ。
 鉄五郎新道や坪山にも行かないといけませんね。 

 

 

 IMG_4812s.jpg

 カラフルなユキワリソウ。
 この日はあいにくの小雨が続き、花もしおれ気味でした。

 

 IMG_4832s.jpg

 ユキワリイチゲ。恥ずかしげ。
 花には名札がついているので助かります。

 

 IMG_4845s.jpg

 オオバキスミレ。
 予報では天気は日中はましになるはずだったのですが。
 冷たい雨で手がかじかんできます。

 

 IMG_4931s.jpg

 カタクリも開いていません。
 まあカタクリだけが目当てというわけでもないですし。

 

 IMG_4912s.jpg

 実は前回、山でカメラのレンズを交換してるときに、レンズを地面に落としてしまいました。
 初めてというわけでもないし、と言うかそのレンズは買って間もない時に木曽駒ヶ岳山頂の岩に落としたやつです。そのときは大展望を前に大ショックでしたけど、マウント部が少し歪んだだけで使い続けることができました。

 今回も、接点がちょっと汚れただけでクリーニングすれば大丈夫だろうと思ってたら、後玉(本体側のレンズ)のど真ん中に深い傷が…。

 

 IMG_4925s.jpg

 ちょうど落ちた場所に小石でもあったのでしょうか。
 どのみち不注意なので仕方ありません。

 タムロンの90mmマクロレンズ。
 小さなものを大きく写しまわりはぼんやりふんわりという、自分の持っている中で最もかっこよく撮れるレンズでした。
 山歩きでも必ずウエストバッグに入っていたものです。
 木曽駒で落として以来、よくがんばってくれました。

 

 IMG_4944s.jpg

 出猩々(デショウジョウ)。もみじです。
 ここの名札は基本的に日本語・漢字で書かれていることが多く、読めない名前もけっこうありました。
 名札の写真を撮っておかなくちゃ。

 

 IMG_4958s.jpg

 御殿場桜。
 今年は桜はあまり見れてないなあ。

 

 IMG_4959s.jpg

 さて、マクロレンズですが、これからの花の季節にこれなしで出かけるのはちょっと寂しい。
 写りの味は高級レンズをも凌ぐと言われる通称タムキュー。レンズとしては比較的手ごろな部類に入るので、新しいのを買いなおそうかとも考えました。

 が…

 

 IMG_4969s.jpg

 代わりに買ったのが、キヤノンの単焦点マクロレンズ「EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」。
 あ、Lは赤で。「EF100mm F2.8Lマクロ IS USM」。
 これで2本目のLレンズです。カメラ本体は入門機のEOS Kissなのに。
 Lレンズとは言っても、単焦点ということもあって手が出ない値段ではありません。
 ちょうど1万円キャッシュバック中でしたし、昨年からのどっさり残業代を世の中に還元するいい機会です。

 

 IMG_5010s.jpg

 そして前のレンズとの最大の違いは手ブレ補正。
 自分は朝のまだ薄暗い道端で小さな花やら何やらを撮っていることが多いので、これは助かります。
 登り坂で荒い息を止めつつ構える手がぷるぷる震えてても、ファインダーの中の像は静かなので、細かいところにピントを合わせやすいです。

 

 IMG_5057s.jpg

 ホウキモモが色とりどり。

 というわけで、今回は最初から最後までずっと、この新しいレンズを使ってました。
 三脚も持ってきていましたが、手持ち撮影でも小雨の中それなりに使えてた感じです。

 

 IMG_5085s.jpg

 オオイワウチワ。

 GANREFなんかでこの辺のレンズの投稿写真を見ると、ため息が出てくる美しさ。
 自分もちっとはそれっぽく撮れないものかなあ。
 でもまあいいんです。使ってて楽しければ勝ちなのです。

 というわけで、このレンズもまたお山で大事にぶん回すぞ。

 

 


タグ:お出かけ
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 4

Sakuya2634

Lレンズ!すげー。
花びらのフチとか、水玉の中とか、クッキリですね!
ぜひ、存分に振り回して撮りまくってアップしまくってください。
by Sakuya2634 (2013-04-04 20:03) 

ひさみね

たぶん絵的には前のとさほど変わらないんだとは思いますけど、小雨の中でも手ブレ率がとても低くなった感じがします。
ピンボケのほうは相変わらずですけどねー。
by ひさみね (2013-04-05 00:08) 

JUN

早ければ5月の連休に燕岳を考えてますが
アイゼンの小さいのでも有った方がいいですか?
by JUN (2013-04-06 20:08) 

ひさみね

> JUNさん
GW頃は標高2000mの雲取山でも凍結箇所があり、軽アイゼンを携行すべきとされています。(たとえ使わなくても。)
標高2700mの燕山荘付近は、7月でも雪に覆われた箇所がありました。
5月の燕岳は完全に雪山です。
自分には知識も経験もないですが、軽アイゼンだけでは軽装だと見なされるようです。
危険度の低いルートなので状況がよければ何のことはないでしょうが、天候急変などを考えると軽視すべきではないと思います。

http://amasangaku.web.fc2.com/zyosiki15.html

自分もどこか行きたいなあ!
by ひさみね (2013-04-07 08:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。